Series: Fotogramm

作品解説:フォトグラムを選んだ理由

1:写真における大きさの問題  2001年の作品「Life-Size」で念頭にあったのは2点。原寸大という事実は、リアリティにいかなる意味を与えるか。また、写真で自明とされる引き延ばしの意味についてである。それ以降の作品では逆に、反転像とデジタル技術による大幅な引き延ばしにより、リアリティの意味合いを拡散させて行く方向へ向かった。 2:被写体との距離の問題  カメラを用いる限り、受像器と被写体には永遠の溝がある。一方、フォトグラムでは両者の密着が基本であり、視覚より触覚に多くを求める作品ともいえる。モチーフとして人間を用いるのは、この問題が明確に意識される「物体」だからである。 3:光と造形の問題  フォトグラムでは、光は黒として表現され、その黒はレンズを通さない完全な黒である。飯山満のフォトグラムは、デジタル技術を介したリプロダクションであり、そこにこそ別の物としての存在感が際だっていくのだが、「完全な黒」という観念の世界への扉も開かれている。(2009年1月)

mask


mask #0047
解説2の傾向が強い作品
(2003年〜) 横30cm×縦40cm〜横90cm×縦120cm Archival Inkjet Print ・2009年9月  #0059他:アートコンプレックスホール(MASH UP 2009 >>Flickrの写真ギャラリーへ

physique


physique #0013
解説2の傾向が強い作品
(2003年〜) 横30cm×縦40cm〜横90cm×縦120cm Archival Inkjet Print ・2005年7月  #0048:銀座東和ギャラリー(プリンツ21グランプリ展) ・2005年8月  #0003,13,47,49:The ART BOX Gallery ・2006年4月  #0003,13,47,49:photographers’ gallery press No.5 >>Flickrの写真ギャラリーへ

flora


flora #0057
解説3の傾向が強い作品
(2003年) 横30cm×縦40cm Archival Inkjet Print ・2004年4月8日〜5月15日  Generous Miracles Gallery, NYC >>Flickrの写真ギャラリーへ

Life-Size

Life-Size-1
解説1の傾向が強い作品
(2001年) 横100cm×縦200cm(50cm×40cm 10枚) ゼラチンシルバープリント 2002年4月23日〜28日 船橋市民ギャラリー >>Flickrの写真ギャラリーへ